1. HOME
  2. ヘアケア
  3. 忙しい朝に簡単にできるオフィスヘアアレンジ
ヘアケア

忙しい朝に簡単にできるオフィスヘアアレンジ

ヘアケア, 美容

3

ヘアアレンジ方法1: 簡単なポニーテール

ポニーテールは朝の忙しい時間でも簡単にできるヘアスタイルです。
まずは髪をすべてブラシでとかし、後ろでしっかりとまとめます。
髪をゴムで留める際に、ふんわり感を出すために、髪を一部引っ張り出しましょう。
もし髪が滑りやすい場合は、ヘアスプレーを使用することでしっかりと束感を出すことができます。

ヘアアレンジ方法2: シンプルなお団子ヘア

お団子ヘアは清潔感があり、オフィスにもぴったりなスタイルです。
髪をまとめる前にドライシャンプーを使用することで、ボリューム感を出すことができます。
お団子の形を作るために、髪をねじりながらまとめ、ピンでしっかりと留めます。
最後に hairspray を使用することで、スタイルが崩れにくくなります。

ヘアアレンジ方法3: フレンチトワリスト

フレンチトワリストはエレガントなヘアアレンジで、オフィスでも華やかさを演出します。
まずは髪を仕切り、それぞれを外側に回して結びます。
髪の毛を編み込む際には毛先までしっかり編み込み、ねじってからヘアピンで留めましょう。
最後に hairspray を使用することで、ヘアアレンジが長持ちします。

ヘアアレンジ方法4: ハーフアップスタイル

ハーフアップスタイルはカジュアルで可愛らしいヘアスタイルです。
ポニーテールと同様に髪をまとめる際に、ふんわり感を出すために一部髪を引っ張り出します。
頭頂部の髪をまとめた位置でヘアゴムでしっかりと留め、そこからねじってピンで留めるだけで完成します。
ふんわり感を出すためにヘアスプレーを使用しましょう。

ヘアアレンジ方法5: 簡単な三つ編み

三つ編みはシンプルでありながらおしゃれなヘアスタイルです。
髪を三つに分け、編み込んでいきます。
編み終わったらしっかりとヘアゴムで留めます。
もし髪が滑りやすい場合は、ヘアスプレーを使用することでしっかりと束感を出すことができます。
三つ編みの端をほぐしたり、両サイドにレースやリボンをつけることで、より可愛らしい印象になります。

ヘアアレンジ方法6: サイドアレンジ

サイドアレンジはほどよい抜け感があり、おしゃれなヘアスタイルです。
サイドの髪をまとめ、少し上でヘアゴムで留めます。
その後、髪をねじりながら後ろへとまとめ、ピンで留めます。
最後に hairspray を使用することで、ヘアスタイルがほどよく固定されます。

ヘアアレンジ方法7: シンプルなヘアバンド

ヘアバンドを使ったヘアアレンジは簡単かつおしゃれなスタイルです。
まずは髪をドライシャンプーでボリュームアップし、バンドを使って髪を後ろでまとめます。
バンドの位置やバンドの形状によって、印象を変えることができます。
バンドを使うことでヘアスタイルがより一層おしゃれに見えます。

ヘアアレンジ方法8: ビッグウェーブ

ビッグウェーブは女性らしさを引き立てるヘアスタイルです。
まずは大きいカールアイロンを使って髪を巻きます。
髪の毛を外側に巻くことで、ふんわりとしたウェーブができます。
最後に hairspray を使用してウェーブが崩れにくくすることが大切です。

ヘアアレンジ方法9: ローポニーテール

ローポニーテールはシンプルながらもスタイリッシュなヘアスタイルです。
まずは髪全体をブラシでとかし、後ろでしっかりとまとめます。
髪をゴムで留める際に、ふんわり感を出すために、髪を一部引っ張り出します。
ローポニーテールはそのままでもおしゃれなスタイルですが、バレッタやリボンを使ってアレンジするとさらに可愛らしい印象になります。

ヘアアレンジ方法10: ナチュラルなカール

ナチュラルなカールは自然な雰囲気を演出するヘアスタイルです。
まずは中くらいのカールアイロンを使って髪を巻きます。
全体的にカールをつけたら、手でカールをほぐし自然に見えるようにします。
最後に hairspray を使用してカールを長持ちさせることが重要です。
カールの形やサイズによって、印象を変えることができます。