1. HOME
  2. ボディケア
  3. 手軽に実践できるオフィスでのストレッチ法
ボディケア

手軽に実践できるオフィスでのストレッチ法

ボディケア, 美容

3

オフィスでのストレッチ法

忙しいオフィスでの作業中にぜひ実践してほしいストレッチ法をご紹介します。
短時間で効果的なストレッチを行うことで、身体の血行が良くなり疲れを軽減し、集中力もアップします。

1. 首のストレッチ

長時間のデスクワークで凝り固まった首をほぐすためのストレッチです。
座った状態で行うことができるので、オフィスで隙間時間を活用しましょう。

手を頭の後ろに回し、片方の手で反対の耳を引っ張って優しく倒します。
このまま10秒キープし、反対の側も同様に行います。
両側3セット行ってください。

2. 肩甲骨ストレッチ

デスクワークで肩こりが酷くなることも多いですよね。
肩甲骨をストレッチすることで、肩こりの緩和につながります。

1. まず、背筋を伸ばしましょう。
背筋を伸ばし、両手を後ろで組みます。

2. 深呼吸をしながら、両手を引っ張って胸を広げます。
この状態で10秒キープし、ゆっくりと元に戻します。
3セット行ってください。

3. 腰のストレッチ

座りっぱなしのオフィスワークで、腰痛が起こることもあります。
腰をほぐすためのストレッチを行いましょう。

1. 椅子に座りましょう。
背筋を伸ばし、腰からひじを曲げて両手を床につけます。

2. 身体を後ろに倒し、少し伸ばします。
この状態で10秒キープし、ゆっくりと元に戻します。
3セット行ってください。

4. 手首のストレッチ

キーボードを打つことが多いオフィスワークでは、手首への負担が大きくなることもあります。
ストレッチを行って手首の疲れを和らげましょう。

1. 腕を伸ばし、手の甲を上に向けてください。

2. もう一方の手で指先を引っ張り、手首を反らせます。
この状態で10秒キープし、ゆっくりと元に戻します。
両手3セット行ってください。

5. 脚のストレッチ

長時間の座り仕事によって下半身が凝り固まることがあります。
脚のストレッチを行い、血行を良くしましょう。

1. 椅子に座り、まっすぐ伸ばした片足をもう一方の膝にかけます。

2. 膝の位置を保ったまま、背筋を伸ばして身体を反らします。
この状態で10秒キープし、ゆっくりと元に戻します。
両脚3セット行ってください。

6. 目のストレッチ

パソコン画面を長時間見続けることで目の疲れがたまることもあります。
目のストレッチで目の疲れを和らげましょう。

1. 眼球運動を行います。
まぶたを閉じたまま上下左右に動かしましょう。
ゆっくりと行うことが大切です。

2. 深呼吸をしながら、目を大きく開けましょう。
5秒キープし、ゆっくりと元に戻します。
3セット行ってください。

7. 背中のストレッチ

デスクワークで猫背になりがちです。
背中のストレッチを行い、正しい姿勢を保ちましょう。

1. 椅子に座り、背筋を伸ばします。
両手を後ろで組んで背中を反らせ、肩甲骨を寄せます。
この状態で10秒キープし、ゆっくりと元に戻します。
3セット行ってください。

8. 胸のストレッチ

デスクワークで胸の筋肉が硬くなることもあります。
胸のストレッチを行い、胸を開放しましょう。

1. 椅子に座り、背筋を伸ばします。
両手を後ろで組んで胸を開きます。

2. 深呼吸をしながら、胸を上に広げましょう。
この状態で10秒キープし、ゆっくりと元に戻します。
3セット行ってください。

9. 足首のストレッチ

デスクワークでは足首が硬くなることもあります。
足首のストレッチを行って、足首の疲れを和らげましょう。

1. 椅子に座り、片足をもう一方の膝にかけます。

2. 膝の位置を保ったまま足首を回します。
時計回り、反時計回りそれぞれ10回行ってください。
両足3セット行ってください。

10. ストレッチのポイント

オフィスでのストレッチを効果的に行うためのポイントをご紹介します。

1. 毎日続けることが大切です。
継続は力なりです。

2. 長時間座っている場合は、1時間に1回程度ストレッチを行いましょう。

3. 深呼吸をしながら、ゆっくりと行うことで効果が高まります。

4. 無理なく行うことが大切です。
痛みや違和感を感じた場合は無理をせず中止してください。

5. ストレッチの効果を高めるためには、正しい姿勢を保つことも重要です。

実践しているうちに、身体の疲れが軽減され、集中力も向上することを実感するでしょう。
ぜひ忙しいオフィスワークの合間にストレッチを取り入れてみてください。