1. HOME
  2. ヘアケア
  3. ヘアオイルを使用したヘアケアのコツとテクニック
ヘアケア

ヘアオイルを使用したヘアケアのコツとテクニック

ヘアケア, 美容

1

髪の状態をチェックする

ヘアケアを始める前に、まずは髪の状態をチェックしましょう。
髪がパサついていたり、傷んでいる場合は、ヘアオイルを使ったケアが効果的です。

また、髪にボリュームがない場合や、髪がまとまりにくい場合も、ヘアオイルが活躍します。
自分の髪の状態を正確に把握して、適切なヘアオイルを選びましょう。

適量のヘアオイルを手に取る

ヘアオイルを使用する際は、適量を手に取ることが大切です。
適量を守らないと、髪にベタつきや重さが出る可能性があります。

量の目安は、髪の長さや毛量によって異なりますが、一般的には、5円玉ほどの大きさを目安にすると良いでしょう。
手のひらに広げ、指先になじませるようにします。

髪全体に均等に馴染ませる

手に取ったヘアオイルを、髪全体に均等に馴染ませましょう。
まずは手のひらに広げたオイルを、髪の毛の中間から毛先に向かってなじませていきます。

髪の根元にはあまり付け過ぎないように注意し、ヘアオイルが偏らないようにすると良いでしょう。
ケアしたい部分がある場合は、重点的になじませるようにしましょう。

スタイリングに活用する

ヘアオイルは、ただ髪に馴染ませるだけでなく、スタイリングにも活用することができます。
髪をセットする際には、ヘアオイルを少量手に取り、スタイリングしたい部分に馴染ませるだけで、まとまりやツヤ感を出すことができます。

また、乾燥する前にヘアオイルをつけると、ドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守る効果があります。
ヘアオイルを利用しながらスタイリングすると、より綺麗な仕上がりを実現することができます。

適度に手直しする

ヘアオイルを使ったヘアケアを行った後は、適度に手直しするのもポイントです。
鏡を見ながら、髪のセットが崩れていないかチェックしましょう。

特に前髪やサイドの髪の毛は、顔に近いため崩れやすい部分です。
手を使って整えたり、ヘアオイルを軽くなじませたりすることで、一日中キレイな髪型をキープすることができます。