1. HOME
  2. メイク
  3. 忙しい朝でも手軽にできるフェイスラインのシェーディング方法のステップバイステップ解説
メイク

忙しい朝でも手軽にできるフェイスラインのシェーディング方法のステップバイステップ解説

メイク, 美容

2

シェーディング方法の基礎知識

まずは、フェイスラインのシェーディング方法について基礎知識を理解しましょう。

フェイスラインのシェーディングは、顔の輪郭を強調するために行うメイク方法です。

影を作ることで、顔のパーツが引き立ち、より立体感のある印象的なメイクができます。

必要なアイテムと道具

フェイスラインのシェーディングをするためには、以下のアイテムと道具が必要です。

  1. コンシーラー
  2. ブラシ
  3. ハイライト
  4. パウダーファンデーション

これらのアイテムは、一般的なメイクアイテムとして手に入りやすいものばかりなので、手軽に揃えることができます。

ステップ1:ベースメイク

まずは、ベースメイクをしっかりと行いましょう。

化粧水や乳液でしっかりと保湿し、ファンデーションやコンシーラーで肌のトーンを整えます。

ベースメイクがしっかりと仕上がっていることが、シェーディングの効果を引き立てるポイントです。

ステップ2:シェーディングの場所を決める

次に、シェーディングの場所を決めましょう。

フェイスラインにシェーディングを行う場合、耳の下から顎に向かって斜めに影を入れます。

また、額や鼻の両側にもシェーディングを入れることで、より立体的な印象を作ることができます。

ステップ3:シェーディングの施し方

シェーディングを施す前に、ブラシにパウダーファンデーションを取ります。

そして、シェーディングを入れたい場所にブラシを斜めに添えて、自然な陰影を作ります。

シェーディングを入れたら、ブラシでぼかすようになじませましょう。

ステップ4:ハイライトの施し方

最後に、ハイライトを使ってシェーディングの効果を引き立てましょう。

ハイライトは、顔の突出部分や目の下のくぼみに施すと効果的です。

ハイライトを施したら、ブラシでぼかすようになじませましょう。

仕上げ

シェーディングとハイライトがしっかりとなじんだら、最後に仕上げのパウダーを軽くのせて完成です。

仕上げにチークやリップなどのポイントメイクを加えることで、より一層メイクの効果を引き出せます。

これらのステップを忙しい朝でも手軽に行うことができるので、ぜひ試してみてください。