1. HOME
  2. メイク
  3. フェイスラインのシェーディングを使った立体感のあるメイク法
メイク

フェイスラインのシェーディングを使った立体感のあるメイク法

メイク, 美容

3

フェイスラインのシェーディングとは?

フェイスラインのシェーディングは、顔の輪郭を引き締めて立体感を出すメイク法の一つです。
明るいハイライトと暗いシェードカラーを使用することで、顔の陰影を作り出し、フェイスラインをシャープに見せることができます。
このメイク法は、毎日の忙しい朝でも簡単に行えるため、忙しい30代女性にぴったりです。

フェイスラインのシェーディングのコツ

フェイスラインのシェーディングを行う際には、以下のポイントに注意しましょう。

  1. 適切なシェードカラーを選ぶ: 自分の肌色に合ったシェードカラーを選びましょう。ベースメイクをする際にも自然な陰影を作り出すことが重要です。
  2. ブラシの使い方: シェーディングブラシやコントアブラシを使用して、シェードカラーを薄くなじませます。毛先を使って輪郭に沿って均一に塗りましょう。
  3. ブレンドの仕方: ブラシやスポンジを使って、シェードカラーを肌になじませる際には、しっかりとブレンドすることが大切です。ハッキリとしたラインが出ないように、自然なグラデーションを作りましょう。
  4. 輪郭の位置: フェイスラインのシェーディングを行う際には、自分の輪郭に合わせて行うことが重要です。鏡を使って自分の顔の形を確認し、シェーディングする範囲を決めましょう。

フェイスラインのシェーディング方法のステップバイステップ解説

忙しい朝でも手軽にできるフェイスラインのシェーディング方法を、以下のステップで解説します。

ステップ1: ベースメイクを仕上げる

まず、ベースメイクをきちんと仕上げましょう。
リキッドファンデーションやクッションファンデーションを使用して、肌のトーンを均一に整えます。
必要に応じてコンシーラーを使用して、気になる部分をカバーしましょう。

ステップ2: シェードカラーを選ぶ

自分の肌色に合ったシェードカラーを選びます。
明るすぎず、暗すぎない程度の色合いを選ぶことがポイントです。
肌に馴染むカラーを選びましょう。

ステップ3: シェーディングを行う

シェードカラーをシェーディングブラシやコントアブラシに取り、鏡を使って自分の顔の形を確認しながら、輪郭に沿って均一に塗りましょう。
ブラシやスポンジを使って、カラーを肌になじませる際は、しっかりとブレンドすることが重要です。

ステップ4: フィニッシュ

シェーディングが均一になじんだら、最後に仕上げとしてパウダーを軽くのせましょう。
パウダーを使うことで、メイクの持ちも良くなります。

まとめ

フェイスラインのシェーディングは、忙しい朝でも手軽にできるメイク法です。
適切なシェードカラーを選び、ブラシやスポンジを使って輪郭にしっかりと沿って塗ることがポイントです。
自然な陰影を作り出し、顔の輪郭を引き締めることで立体感を演出できます。
ぜひ試してみてください。