1. HOME
  2. ヘアケア
  3. ヘアアイロンを使わずにオフィスでのヘアスタイルを作る方法
ヘアケア

ヘアアイロンを使わずにオフィスでのヘアスタイルを作る方法

ヘアケア, 美容

3

髪をしっかり洗う

オフィスでのヘアスタイルを作るには、まず髪をしっかり洗うことが重要です。
朝シャンプーをすることで、頭皮と髪を清潔に保つことができます。
洗った後は、適度なコンディショナーを使って髪に潤いを与えましょう。

ドライヤーで髪を乾かす

髪を洗った後は、ドライヤーを使用して髪を乾かしましょう。
髪の長さや種類に合った温度と風量を選び、根元から毛先に向かって乾かしていきます。
風を当てすぎると髪が傷んでしまうので、適度な距離を保ちながら乾かすことがポイントです。

ヘアオイルをつける

髪が乾いたら、ヘアオイルを使用して髪にツヤを出しましょう。
ヘアオイルは、髪のパサつきや広がりを防ぎながら、まとまりのあるスタイルを作るのに役立ちます。
適量を手のひらに取り、髪全体になじませてください。

アクセサリーを使ってヘアスタイルをアレンジする

ヘアアイロンを使わずにオフィスでのヘアスタイルを作る方法として、アクセサリーを活用することがあります。
ヘアピンやヘアクリップを使って、髪をまとめたり留めたりすることで、簡単にオシャレなヘアスタイルを作ることができます。

ポニーテールを作る

オフィスでのヘアスタイルとして、ポニーテールは非常に便利です。
髪をまとめるだけで簡単に作ることができ、清潔感のある印象を与えることができます。
ポニーテールは、高めに結ぶことでよりきちんとした印象になります。

編み込みをする

編み込みは、オフィスでのヘアスタイルを少し特別感のあるものにしたい場合におすすめです。
髪を三つ編みやフィッシュテール編みにすることで、可愛らしさやきれいな印象を演出することができます。
編み込みは時間がかかると思われがちですが、慣れてしまえば意外と簡単にできるようになります。

バンダナやヘアバンドでアレンジする

バンダナやヘアバンドを使って、ヘアスタイルをアレンジすることもできます。
髪をまとめるだけではなく、アクセントとしてバンダナやヘアバンドを使うことで、おしゃれな雰囲気を出すことができます。
バンダナやヘアバンドの素材や柄も選ぶことで、自分らしいスタイリングができます。

ヘアピンとヘアゴムを使ってアップスタイルにする

ヘアピンやヘアゴムを使って、髪をアップスタイルにすることもできます。
髪をくるりんぱやねじってまとめるだけで、華やかなイメージのヘアスタイルを作ることができます。
ヘアピンやヘアゴムは、ヘアスタイルをしっかりと固定するためにも重要なアイテムです。

髪を結ぶ前にヘアミストを使う

髪を結ぶ前には、ヘアミストを使うことをおすすめします。
ヘアミストは、髪のまとまりやツヤを出すだけでなく、髪の静電気を抑える効果もあります。
オフィスでのヘアスタイルを長時間キープするためにも、ヘアミストは欠かせないアイテムです。

ヘアスタイルのキープにヘアスプレーを使う

ヘアスタイルを作ったら、最後にヘアスプレーを使ってキープしましょう。
ヘアスプレーは、髪の動きをコントロールするだけでなく、湿気や風による崩れを防いでくれます。
ヘアスプレーは、持ち運びにも便利なので、オフィスでのヘアスタイルの仕上げに使うと良いでしょう。