大人ニキビと子供ニキビ

ニキビと一言にいっても、「大人ニキビ」と「子供ニキビ」に分けることができます。
子供ニキビは10代という思春期にできるニキビで、大人ニキビは20代以降のニキビをいい表しています。
どちらも同じニキビに見えるものの、その発症理由は大きく異なるものとなるのです。

まずは「子供ニキビ」、別名「思春期ニキビ」ともいいますが、これは成長期においてできるニキビです。
皮脂分泌が活性化してしまう時期だからこそのニキビということなのです。

成長過程にある10代の体は、成長ホルモンが活発に分泌されています。
この成長ホルモンが皮脂腺を刺激して、皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。
そうなると毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、そこにアクネ菌が繁殖。
すると、ニキビができるというわけなんですね。

ホルモンバランスというのは、20代に近づいてくる事で自然と落ち着いてきます。
つまり、思春期特有のニキビは発生しなくなるのです。

10代のニキビはその原因がほぼはっきりとしていたのですが、その時期を越えたものとなると、原因もさまざまなものが考えられるようになります。
不規則な生活や食事、飲酒、ストレス、喫煙など…そういった日常生活が原因となってニキビを発症させていくようになるのです。

10代のニキビは思春期であるからこそ発症しやすいものとなっていますが、20代のニキビは生活習慣が大きく関係して発症していくもの
両者の違いは、発症原因だけでなく場所にもあります。
子供ニキビは皮脂分泌の多い額や鼻、Tゾーンの部分を中心に見られますが、大人ニキビではUゾーンや顎、フェイスライン、首筋などに多く見られるのです。

原因も違えばできやすい場所も違う…こうなると当然、改善策も違ってきます。
子供ニキビでは、原因である皮脂の分泌と水分量が適度に保たれるようにし、大人ニキビでは生活習慣を細かいところまで見直すことが大事となります。

ページの先頭へ