ニキビができる原因

ニキビは、皮脂が毛穴につまり炎症をおこすことでできます。
毛穴に詰まってしまうほどの皮脂分泌はどうしておこるのでしょうか?

その発症にはさまざまな原因が挙げられています。
食生活睡眠不足ホルモンバランスの乱れなど…細かい事まで挙げればきりがありません。
それだけ、ニキビはさまざまな要因から作られるのです。逆に言えば、実に起こりやすいトラブルともいえるのです。

原因として代表的なもの、そしてそれがなぜニキビを発症させることになるのか下記にまとめてみました。

食生活

糖分や脂肪分を摂り過ぎるとニキビに。
揚げ物、お菓子やケーキ、チョコレートなどの甘い食品、そして肉類になどは、特にニキビを作りやすいものとします。

アルコール

お酒を摂取しすぎると肝臓の機能が低下し、ニキビができやすい状態へとなってしまいます。
大量のアルコールに含まれる成分を無毒化しようと肝臓が酷使され、それが連日続くと大きなダメージに。
肝機能が低下してニキビが発症するようになるのです。

ホルモンバランスの乱れ

排卵する際にホルモンバランスが乱れますが、そのことがニキビの原因になることに。
特に生理不順の人は要注意です。

ストレス

ストレスは脳にダメージを与えて、その機能を低下させます。
女性ホルモンの分泌がされにくくなり、それがお肌の潤いを失わせて乾燥肌に。
乾燥することでニキビが発生しやすくなります。

どれも日常的に心当たるがあるものばかりです。

ページの先頭へ